将来独立のため歯科医師の求人を選択

今やコンビ二の数よりも多いといわれる歯科業界で、患者さんに愛される歯医者さんになるためには治療の技術はもちろん腕を磨き、患者さんとうまくコミニュケーションできる能力必要とされます。

大学をでて国家資格に合格すると、誰しもどこかしらの歯医者さんの求人を見て、歯科医師として働くことになります。

大学では歯の知識や研修である程度は実践できるとは思いますが、実際の患者さんに触れるのは歯科医師として勤め始めてからとなります。

なのであまりにも患者さんの少ない歯科医院の求人を見て就職するのでは時間の無駄になるので、なるべくいろいろなタイプの患者さんが来る歯科医院に就職したほうがいろいろ学ぶことができます。
最近の歯科医師の求人には基本給に、歩合給が設定されていることが多いです。一般的な患者さんは健康保険での治療に慣れています。
たとえば虫歯の治療をすると、奥歯であれば銀歯になってしまいます。虫歯は治るので痛みはなくなりますが、見た目は人によっては気にする人もいます。



そんなとき自費治療がお奨めでき、セラミックやハイブリッドなどの白い歯での治療を納得してもらえれば、より治療費を請求することができます。
治療費が高額な分、自分の技術も高く要求されます。



自費治療ができるだけの技術とセールストーク、人に信頼される人柄も見につけなくてはなりません。

将来的に自分の理想とする歯医者さんを経営できるように、若いうちから修業と思って研鑽しないといけないのです。