歯科医師の求人について

歯科医師は過剰気味だといわれています。
特に都心部ではいたるところで歯科医院をみることができます。



歯科医師は開業するか、あるいは病院に勤務するかがほとんどです。

大学歯学部あるいは歯学部病院は空きがないため勤務医としては難しいです。



病院勤務と言っても歯科医師が勤務する科目はひじょうに少ないです。

大病院だと口腔外科といった診療科目がありますが、あくまでも口腔外科を専門にしていますので、口腔外科としての認定資格がないと勤務できません。
一般歯科になるとひじょうに限られてきます。

開業に関しては1~2人体制であり、2人体制の医院は親族がほとんどです。



ですから歯科医師の求人となった場合は、補足として一時的に募集することが多いです。

他には系列歯科医院を開業するので、そこの責任者として雇うこともあります。
地方では僻地や離島を含めて時々求人を募集していますが、都心部はその後釜が決まっていることがほとんどですので、都心部における求人はあまりないと考えた方がいいです。求人がないから自分で開業する、となりますから歯科医院が次から次へとできあがる構図になっています。
大学の場合、研修から在籍していて論文などで実績が認められていれば、職員として勤務できる確率が高いですが、勤務したい人はたくさん望んでいますので、かなりの競争倍率です。

ですから外部から大学に勤務を望むことになればかなり難しいです。

やはり学生時代からネットワークを広げておくことが大切です。